避難所開設(赤坂小学校)

赤坂東地区
杭瀬川(赤坂大橋)の水位が氾濫危険水位を超えたため赤坂小学校を避難所として開設しました。