防災ガイド
風水害を知ろう(風水害時の行動)

洪水・浸水の場合の避難

外であまり雨が降っていなくても、上流で降った雨により、河川が増水していることもあります。大垣市からの避難情報を確認しながら、「まだ大丈夫」と思うことなく早めの避難を心がけましょう。

避難情報と避難行動

大垣市からの避難情報は段階的に発令します。自分が避難行動を開始するタイミングを確認しておきましょう。また、避難情報の名称は令和3年5月から変更される予定です。

警戒
レベル
避難情報 住民がとるべき行動
令和3年5月ごろまで 令和3年5月ごろから
5 災害発生情報
(大垣市が発令)
緊急安全確保
(大垣市が発令)
命を守る行動を!
命の危険
直ちに安全確保
4 避難指示(緊急)
(大垣市が発令)
避難指示
(大垣市が発令)
全員が避難する!
危険な場所から「全員」避難
避難勧告
(大垣市が発令)
3 避難準備・
高齢者等避難開始

(大垣市が発令)
高齢者等避難
(大垣市が発令)
高齢者等は避難を開始!
危険な場所から「高齢者等」は避難
それ以外の人は、普段の行動を見合わせはじめたり、必要に応じて自主的に避難する。
2 洪水注意報・大雨注意報等
(気象庁が発表)
避難に備え、ハザードマップなどにより避難行動を確認
1 早期注意情報
(気象庁が発表)
災害への心構えを高める

警戒レベル3の発令にあわせ、大垣市は避難施設を開設します。

逃げ遅れてしまったら「垂直避難」

自宅にいるときに浸水が始まったら
すぐに上の階へ避難する!
避難途中に浸水がひざ下近くまでになったら
近くにあるビルや高い建物などに避難する!
浸水が50cmを超えた場所での避難は危険です。
水の流れが強いときは15cmでも危険です。

夜間の避難、浸水の深さがひざ上のときの避難は危険です。